高血圧は遺伝するのかというと、遺伝します。 しかし、絶対に遺伝するというわけではありません。 確率としては、両親共に高血圧の場合は、50〜60%。 両親の一方が高血圧の場合は、25〜35%。 両親共に高血圧でない場合は、10%以下なんです。 この数値を見る限り、遺伝で高血圧になるというよりも、両親が高血圧だったために、高血圧になりやすい生活習慣になってしまうのでしょう。 ですので、高血圧にならないためにも、日頃の生活習慣を見直さなければなりません。 一番注意しなくてはならないのが、食生活です。 高血圧になりやすい体質であれば、食生活は本当に気を付ける必要があります。 栄養バランスを考えた食事をとらなくては、高血圧になる確率がさらに高くなってしまうでしょう。 特に塩分の摂り過ぎには気を付けてください。 それに、血圧を下げる効果のあるサプリメントなどがたくさん発売されているので、上手く利用するといいと思います。 両親が高血圧ではないからといって、油断してはいけません。 絶対に高血圧にならないとは限らないのです。 食生活が乱れていると、高血圧になる可能性が高くなるので、くれぐれも気を付けましょう。